PRESS RELEASE プレスリリース

TOP » TOPICS » metabirds LOVE

Date:2011/04/08

metabirds LOVE

アバター向けソーシャルサービス「metabirds love」

株式会社メタバーズ、アバター向けソーシャルサービス「metabirds love」を全世界に向けて開始 

- お気に入りの「場所」「アバター」「バーチャルグッズ」にLoveを送りあってバッジをゲットしよう! -


報道機関各位
プレスリリース
2011年2月18日
株式会社メタバーズ 代表取締役 島谷直芳

株式会社メタバーズ、アバター向けソーシャルサービス「metabirds love」を全世界に向けて開始
- お気に入りの「場所」「アバター」「バーチャルグッズ」にLoveを送りあってバッジをゲットしよう! -

http://metabirds.net/

株式会社メタバーズ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:島谷直芳、以下メタバーズ)は、仮想社会向けソーシャルサービス「metabirds love」(以下本サービス)をβサービス開始しました。

今回発表する「metabirds love」の内容は、次のとおりです。

■「metabirds love」とは
メタバーズでは、これまで仮想社会アバター向けソーシャルウェブ「metabirds(ソラマメ)」にて、ブログ交流やバーチャルグッズの売買を通じたアバター同士のコミュニケーション支援、および仮想社会アプリ/バーチャルグッズ・ディベロッパーの支援をして参りました。
本サービスは、そのようなアバター同士の交流を、ウェブサイトだけでなく、仮想社会内部にまで広げ、さらなるコミュニケーション深化、情報共有を促進するものです。

本サービスを利用することで、アバターユーザーは、仮想社会内部の専用アプリケーションを利用し、お気に入りの「場所」「アバター」「バーチャルグッズ」に「Love」と呼ばれるメッセージを送ることができます。その情報は、位置情報と共にサーバーに蓄積され、タイムライン情報となって近くを訪れたアバター同士で共有することが可能となります。
また、各対象に多くの「Love」を送ったアバターは、その対象を応援する「キャプテン」として任命され、情報編集など多くの権限を与えられることとなります。
さらに、「Love」や「キャプテン」に加えて、アバター同士でのバーチャルグッズ売買、「metabirds(ソラマメ)」でのブログやコメント交換など、様々なコミュニティ活動に対しても内部ポイントが加算され、アバターユーザーはその量に応じて「バッジ」と呼ばれる報奨(リワード)を得ることができます。

現在では全世界のユーザーが「metabirds(ソラマメ)」を中心に仮想社会「セカンドライフ」にて本サービスを利用可能ですが、今後はより多くの仮想社会プラットフォームやウェブサイトでのアバター活動に対象を広げ、TwitterやFacebookなど、他のソーシャルプラットフォームとの連携を深めていく予定です。

またメタバーズでは、今後本サービスを仮想社会アプリ/バーチャルグッズ・ディベロッパーにオープン化し、ディベロッパーが独自のバッジやバーチャルグッズを各ユーザーへの報奨として与えることをできるようにする予定です。このような、「報奨(リワード)」等の提供はによるゲーム性をマーケティングに導入して顧客ロイヤルティを増加させる手法には、「ゲーミフィケーション」と呼ばれる考えが取り入れられています。
メタバーズでは今後も、仮想社会アバター向けソーシャルウェブ「metabirds(ソラマメ)」を中心に、全世界のアバターユーザーをターゲットとした様々なサービスを提供することで、ディベロッパーへのマーケティングの機会を生み出し、その社会活動・経済活動を支援して参ります。

詳しくはこちら

SERVICE サービス一覧

prev page page top next page